こんちは、ごま柴ルゥです。

10年に一度の大寒波が来て、播磨町にも雪が降りました。

ルゥは生まれて初めて雪が降る中、お散歩に出かけました。

もう嬉しくて大はしゃぎ!空から降ってくる雪を食べるために口をパクパクしていました。

ルゥが歩くと降り積もった雪に足跡が付きます。

道路はと凍結していたので、ルゥは滑るから足をバタバタさせながら公園に行きました。

公園には先輩ワンコの「ゲンちゃん」がいました。少し遊んでもらって大中遺跡へ。

大中遺跡も真っ白です!ここでも嬉しくなって地面を掘り堀り。どうにも雪の下が気になるようです(^_^;)

雪が大好きになったようで、ルゥは帰ってからも玄関ドアに引っ付いていました。

はじめての雪はとても楽しかったようです。

私は何度か滑って転びそうでした。明日は雪が溶けていますように!

 

1ページ (全21ページ中)