スタッフブログ

池田 浩司 自己紹介へ

【住まいの豆知識】リノベーションのススメ

リノベのススメ

こんにちは、ケーアイリビングの池田です。

今回の住まいの豆知識は・・・

 

建築現場は物不足です
~リノベーションのすすめ~

リノベキッチン写真 

いま、建築の現場では給湯器やトイレが入荷せず、大変困っています。

一部の照明機器も手に入りづらい状況が続いています。

電気がつかず、お湯がなく、トイレがないとは・・・もはや江戸時代です。

そんな中、ロシア産の木材の輸入が止まり、ますます木材不足になっています。

日本の国土の約70%は森林なのに木がないとは・・・

物不足から新築価格が上昇し、それに伴い最近は中古市場が活況になってきました。

土地から探しはじめる場合、新築の購入で無理をするくらいなら、中古物件を購入して好きなようにリノベーションしたいという方が増えています。

リノベダイニング写真

リノベリビング写真

リノベーションのメリット

①費用が抑えられる

②新築では実現できないワンランク上の仕様が採用できる

③諸経費が少なくて済む

 

リノベーションのデメリット

①構造上、取ることができない壁や柱がある

②将来の耐用年数に不安がある

③耐震補強をしても新築ほどの耐震性は得られない。

リノベ階段写真

デメリット①は費用が抑えられる分、思うようにいかないところも出るので我慢するしかありません。

②については、補強を兼ねて工事をするので耐用年数もアップします。

③の耐震性だけは新築の耐震等級3や2に比べるとどうしても見劣りします。

それでも耐震補強の工事をすることで建物の倒壊など致命的な損壊は免れるので安心して暮らせます。

いずれにせよ所得が右肩上がりの時代ではないので、マイホームの購入は無理のない計画が大切です。

★ケーアイリビングのリノベーションは完全フルオーダー型です。

リノベ洗面台写真

リノベリビング

 

>リノベーション施工例はコチラ

>リノベーション見学会[OPEN HOUSE]はコチラ

記事一覧|2022年5月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ