池田 浩司 自己紹介へ

断熱工事のケーアイリビング

2023/10/18(水) 家づくりのことすべて

こんにちは、池田です。

ケーアイリビングといえばかわいい家のイメージがありますが、実は断熱工事が大得意。

断熱リフォームで補助金の申請などもお手のものです。

今も断熱リフォームの工事物件を3件施工中です。

今回は建築レポート‘断熱性能とかわいいを取り入れた大人の家’の断熱材の紹介です。

建築レポートはこちら

床下は高性能ポリスチレンフォームミラフォームラムダ@90+ポリスチレンフォームⅢ種のミラフォームMKS@45を採用しました。

明石市断熱リフォーム

こちらがミラフォームラムダ@90です。

明石市断熱リノベーション

こちらがミラフォームMKS@45です。

壁の断熱は外断熱。EPSパイナルフォーム@70+内断熱高性能グラスウール@100を採用しました。

播磨町断熱リフォーム

こちらがパイナルフォーム@70です。

播磨町断熱リノベーション

こちらが高性能グラスウール@100です。

屋根裏は高性能グラスウール@155+高性能グラスウール@140を採用しました。

加古川市断熱リフォーム

こちらが高性能グラスウール@155です。

加古川市断熱リノベーション

こちらが高性能グラスウール@140です。

下に敷くグラスウールが@155でこちらはビニールで包まれた断熱材です。

写真でもわかるように外部に接する面はビニール(べーパーバリア)を施工し湿気をシャットアウトします。

なので下の層はビニール付きのグラスウールを敷き込むのです。

上の層はグラスウール@140です。こちらはビニールに包まれていない裸のグラスウールです。

上の層に裸のグラスウールを採用する理由は屋根裏の湿気を吸って吐いてもらうためです。

ビニール付きのグラスウールだと湿気が入った場合、吐きにくい特性があるため裸のグラスウール採用しているのです。

これで冬もあたたかです。光熱費が驚くほど安くなりますよ。

断熱リフォーム相談会

 

 

1ページ (全34ページ中)