Q1 重要事項説明という言葉を聞きますが、どういう意味でしょうか?

宅建業者は、宅地・建物の売買・交換・賃貸等の相手方等、取引の当事者に対して、契約が成立するまでの間に、取引をしようとしている物件や取引条件など一定の重要な事項について、それらを記載した書面を交付し、取引主任者をして説明させなければなりません(宅建業法35条1項、2項)。この重要事項の説明やそれを記載した書面のことを重要事項説明または重要事項説明書と呼んでいます。

不動産事業部|不動産Q&A

ページトップへ